映画『ミッドサマー』評論!浮気は絶対ダメと決心させるホラー映画!

映画『ミッドサマー』評論

映画『ミッドサマー』の10点満点評価

★★★★★★(6点)

映画アイコン
白夜の北欧地域における「祝祭」をテーマにしたホラー映画です。観た後に「浮気は絶対やめよう!」と決心させてくれる教育的側面も持った映画でもありますw

映画『ミッドサマー』公式予告動画、およびストーリー概要

家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人と共にスウェーデンの奥地で開かれる”90年に一度の祝祭”を訪れる。
美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。
しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

映画『ミッドサマー』ホームページより引用

映画『ミッドサマー』のポイント

良かった点

  • 白夜であるスウェーデンが舞台なので、「明るい舞台」で繰り広げられる惨劇により、通常のホラー映画とは違う恐怖感が味わえる
  • 「浮気や不倫はダメ絶対!」と固く決心させてくれる道徳的な衝撃が待っている
  • ドラッグをすすったときに見えるであろう光景が広がるので、「まさにドラッグムービー」と言える作品になっている

気になった点

  • 北欧地域全体にネガティブイメージを与えかけない
  • モザイク処理が中途半端で全裸シーンが「間抜け」に見える、また熊の剥製の着ぐるみも妙にチープで「間抜け」な絵面に笑ってしまいそうになる

映画『ミッドサマー』の感想

ホラー映画界の新星、かつ既に巨匠とよばれている「アリアスター」監督最新作、映画『ミッドサマー』の感想・評論です

結論から書くと、明るい白夜でゴア表現強めの惨劇が繰り返されていくので、過去に味わったことが無いタイプの「ホラー映画」でした。

「我々の持っている倫理観」と、「土着の宗教の倫理観」のギャップを「ホラー」として描いている作品なので、モラルがグラグラと揺さぶられながら、恐怖を煽られます。

映画アイコン
かなり強烈なゴア表現シーンがあるので、途中退場するお客さんもチラホラお見かけしました。ゴア表現に耐性が無い方は間違いなく鑑賞を控えた方が良い「ホラー映画」です。
若干のネタバレがOKな方はクリックして開いて下さい

「明るい」という恐怖

本作『ミッドサマー』は白夜の「スウェーデン」の片田舎が舞台となるので、ホラー映画なのに太陽の光で満ち溢れ明るく、そして緑々しく、かつ花々に彩られた美しい背景がベースになります。

『ミッドサマー』の1シーン

『ミッドサマー』公式ホームページより

「明るい」がゆえに惨劇シーンでも一切の影が入らず「惨劇の形」が有体に姿を現してしまうので、下手なスプラッター映画よりも「ゴワ表現」が強烈です。

また、スウェーデン片田舎の「群衆」が行う「祝祭」により「惨劇」が行われていくというのが、絶妙でリアルな怖さがあります。

例えば、「プレデター」や「ジェイソン」と言った怪物や人物による殺戮ならば、彼らが登場したシーンで「何かが起こる」と予想できるのですが、本作『ミッドサマー』では、普段は穏やかで優しそうな村人、でも実は「土着の宗教(ペイガニズム)を崇拝する群衆」により「惨劇」が広がっていくので、いつ何が行われるか分からないという点が、とにかく本作のホラー感をより高めていると思います。

映画アイコン
1人1人は優しい田舎町に住むただの村人なのに、それが群衆となることで発生する「集団的な残虐性」を描いているので、ホラー色が「集団リンチ」に近いです。決して目の前で広がる「惨劇」が遠い世界のおとぎ話ではないというのがとにかく怖いポイントです。

また、劇中「北欧地域のおとぎ話や神話を描いた古典的なタロットカードのような絵」が登場しますが、明らかにその後のストーリーを表す伏線となっていて、「絶対悪いことが起きるじゃん」と観客を悪い意味でリードしてくれるので、これらの絵が登場するたびに「恐怖というジェットコースターの坂を上っている」ような気分にさせられます。

『ミッドサマー』に登場する絵『ミッドサマー』に登場する絵

『ミッドサマー』公式ホームページより

そして、本作の核心に迫るネタバレとなるのでサラッと書きますが、ほんとうに怖いのは「土着の宗教を崇拝する田舎町の群衆」ではない・・・というのが本作の「ゾワッ」と鳥肌が立つほど恐ろしいホラー要素だと思います。

映画アイコン
「浮気」や「不倫」は、どんなに酔っぱらってても絶対ダメ!と心に誓ってしまうほど、道徳観を刺激してくれる教育的な側面も持ち合わせています

ドラッグ映画としての小気味悪さ

本作『ミッドサマー』では、主人公たちが躊躇なく「ドラッグ」を楽しむシーンが用意されています。

また、村人たちからも「錯乱」してしまうドラッグ成分の入った「何か」を提供され、半ば強制的に飲食させられてしまうこともあります。

『ミッドサマー』のシーン

『ミッドサマー』公式ホームページより

結果として、自然豊かで美しいシーンなのに、草木や花々の揺れ方が妙であったり、草木が体と一体化して見えたりと、「ドラッギーな世界」に観客が誘われます。

また、これによって普段なら抵抗できたかもしれない「出来事」に対して抗うことが出来ず、村人たちの手のひらで踊らされるように「悪い方向」に転がり続けてしまいます。

映画アイコン
「ドラッグ」楽しむとこういう風に世界が見えるんだ~・・・という「ドラッグ映画としての小気味悪さ」が存分に楽しめます。言うまでもありませんが、日本では絶対「薬物」ダメですよ!

北欧地域にネガティブなイメージを持ちかねない

筆者はサウナが大好きなので、いつか「北欧地域(フィンランド)」に旅行したいな~と考えていましたが、本作『ミッドサマー』を見ると北欧地域にどうしてもネガティブなイメージを持たされてしまいます。

明らかに空想の怪物が襲ってくるホラー映画ならば決してこのような感情は抱かないのですが、「北欧地域」はもともと「キリスト教の普及」が最も遅れた地域の1つとされているので、本作で描かれているような「地域に根付いた独自の宗教(ペイガニズム)」があっても不思議ではないというリアルさが、映画を観終わった後も余韻として残ってしまいます。

『ミッドサマー』の死亡シーン

『ミッドサマー』公式ホームページより

このため、最後にせめて「これはもちろんフィクションであり、実在する地域や物語を描いたものではありません」とメッセージを打ち出して欲しかったな~と感じます。

本作では一般人が「地域に根付いた宗教的価値観」により「惨劇」に巻き込まれてしまうので、「価値観の違い」では済まされないエリアにまでおびき寄せられてしまっています。

このため、一言「創作です」と言葉を添えて安心させて貰いたかったなーと思います。(なお、決して「地域に根付いた独自の宗教」を否定したり、「キリスト教」を絶対と言っているわけではありません。)

映画アイコン
リアルだからこそコワイんですが、特定地域に対して「悪い余韻(ネガティブイメージ)」を引きずらせるのは、決して褒められたものではないかな~と思います。マジで北欧地域の旅行客減りますよ・・・w

あと誰もが気になるポイントだと思いますが、本作では「裸体がお披露目されるシーン」がありますが、モザイクがかかっていたり・かかっていなかったり、シーンごとに中途半端なモザイク有無の「間抜け」さがあります。モザイク交じりの全裸で草原を走り逃げ回るシーンはホラーではなく、壮大なコメディに見えましたw

映画アイコン
室内ではモザイク無しでOK!屋外はNG!みたいなルールが映画業界にあるんですかね・・・

また、終盤「熊の毛皮で作った着ぐるみ」を「ある人物」が身に着けますが、カメラワークが悪いからか「チープなコント臭」が出ていて、思わず「プッ」と吹きそうになった自分がいました。

北欧神話の熊

『ミッドサマー』公式ホームページより

北欧地域の宗教的にヴァイキングやオーディンが「熊」を崇拝していたことを由来していることは分かるのですが、もうちょっと「怖い絵面」に出来なかったかな~とは感じました。

映画アイコン
「お笑い」と「ホラー」が表裏一体ということかもしれませんが、今までのホラー要素が壮大なネタふりに感じてしまい、松本人志さんの「ビジュアルバム」を観ているような気分になりました。

ポスターの明るい雰囲気だけ見ると、「お祭りで失恋でもして、女の子たちがワイワイしながら乗り越える楽しい映画かな~」と見えてしまいますが、『ミッドサマー』は疑う余地のない「ホラー映画」です。

『ミッドサマー』ポスター

『ミッドサマー』公式ホームページより

何の情報なくパッと映画館に置いてあるポスターの雰囲気だけで『ミッドサマー』を鑑賞してしまい「うわ~!!」となった観客が世界中で続出していること間違いなしですw

明るい白夜が舞台なので、「惨劇」の形がクッキリ映りだされるため、ゴア表現が強烈です。

鑑賞するときには「十分な覚悟」をもって鑑賞することをオススメ致します!

映画アイコン
覚悟ができた方は『ミッドサマー』を是非映画館でご鑑賞下さい。